本の読み方

ひとりの時間に本が読める

ひとりの時間に本が読める

【詳しい解説】

読み聞かせや読書会を除けば、基本的に読書は「ひとり」でするものです。

だから本を読むためには、まず「ひとりの時間」を確保するところから始まります。

 

ひとりの時間に本が読める

誰にも邪魔をされない「ひとりの時間」は、ゆったりと本を読むチャンスです。

 

自分の大学時代は、ほとんどが「ひとりの時間」だったので、本ばかり読んでいました。

社会人になってからは、電車の移動中に読んでいました。

会社を辞めた今は、家族が寝ている静かな夜に本を読んでいます。

 

ひとりの時間に本が読める

大学時代、私は群れることもなく、本ばかり読んでいました。

要するに「ぼっち」です。

 

本当はみんなと同じ輪の中に入りたいけど、どうやって入っていいのかわからない。

入ってもなんか自分だけみんなと違う、と思ってなじめずにいました。

 

そんな自分を4年間、支えてくれたのは「本」でした。

本を読むことで、ずっと「自分を向き合う時間」を過ごしました。

 

なぜ自分は生まれたのか?

これから自分は何をしたいのか?

なぜ今、苦しいのか?

 

そんなことを本を読みながら、ずっとひとりで考え続けていました。

みんながサークル活動や合コンを楽しんでいる間、ひとり暮らしの部屋の中で、じっと息をひそめて本を読んでいました。

 

ひとりの時間に本が読める

そして読書をしながら「ブログ」を書き始めました。

自分の大学時代は、ちょうどブログの無料サービスが登場した頃で、自分みたいな素人でも簡単にブログが作れました。

ブログを書くのも「ひとりの時間」が必要です。

 

本を読んで、ブログを書く。

 

本を読んで自分と向き合い、

ブログを書くことで言語化されていきます。

 

どちらも「ひとりの時間」だからこそできることです。

 

社会人になったり、子どもができると「ひとりの時間」をとるのが大変になります。

大人になったら、ひとりの時間を大切にしましょう。

お金と時間の悩みを解決する本

さて、もしあなたが【お金】のことで悩んでいるなら、この本をおすすめします。

学校で教えてくれなかったお金の話が載っているからです。

created by Rinker
¥1,089
(2020/09/20 21:41:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

もしあなたが【時間】のことで悩んでいるなら、この本を私はおすすめします。

あなたが忙しい理由が、ここに載っているからです。

created by Rinker
¥1,287
(2020/09/20 23:12:19時点 Amazon調べ-詳細)