本の使い方

紙のビジネス書はアイデアノート

紙のビジネス書はアイデアノート

【詳しい解説】

ビジネス書は、ビジネスに関する知識・情報・考え方を得ることができる本です。

小説のように最初から最後まで読んで物語を楽しむことではありません。

だから、ビジネス書に「ノート」のように書き込みをして、自分だけのアイデアノートにしていきましょう。

紙のビジネス書はアイデアノート

今までいろんなビジネス書を読んできましたが、余白がまったくなくて文字でぎゅうぎゅう詰めみたいな本に出会ったことはありません。

ビジネス書は余白が多い、これは著者と出版社がページ数を稼ぐためにやってるんじゃないかと思ったことがありました(笑)

 

しかしビジネス書を読んでいると、

「そういえば」

とアイデアがふってくることがあります。

紙のビジネス書はアイデアノート

アイデアというのは、流れ星のようなものです。

一瞬で目の前を過ぎ去っていきます。

 

次のページに進んでしまって、今思いついたアイデアを忘れてしまうことが、何度もありました。

だからビジネス書の余白にアイデアを書き留めるのです。

 

まあ、あとでブックオフに売りたいということなら、ふせんにアイデアを書き留めて、余白に貼ってもいいでしょう。

紙のビジネス書はアイデアノート

ビジネス書は、ビジネスに関する知識・情報・考え方を得ることができる本です。

しかしそれだけではもったいない。

 

本当に大事なのは、本を読んでいるときに浮かんでくる「自分のアイデア」です。

著者はそんなこと言っていないのに、本を読むことによって「自分」と融合して生まれた気づきです。

 

この化学反応が読書の面白いところです。

 

でも、そのアイデアは流れ星のように一瞬にして消えてしまいます。

ビジネス書をあなただけのアイデアノートにしましょう。

ーーーーーーーーーーーー

ユニクロの幹部社員も使っていると言われる『経営者になるためのノート』は、ビジネス書とノートが一体となった本(ワークブック)です。

「自分で完成させていくノート」

このノートのコンセプトです。

このノートは、これから経営者になる人のために、ぜひ知っておいてほしいことを書き記したものです。

しかし、完成させていくのは、読者である、あなたです。

ビジネスをする人にとっての勉強というのは、勉強したことを実践してはじめて意味があります。単に知識量を増やすだけの「お勉強」には意味がありません。

(中略)

欄外に空白を贅沢に取ったのは、あなたのこの本との対話を書き記しやすいようにするためです。

どんどん線を引き、どんどん書き込み、たくさん汚して下さい。(中略)

このノートを踏み台にして、あなたに柳井正を超えていってもらうこと、それが私の心からの願いです。

出典:『経営者になるためのノート』柳井正

created by Rinker
¥1,324
(2020/11/27 09:51:00時点 Amazon調べ-詳細)

お金と時間の悩みを解決する本

さて、もしあなたが【お金】のことで悩んでいるなら、この本をおすすめします。

学校で教えてくれなかったお金の話が載っているからです。

created by Rinker
¥1,089
(2020/11/27 06:15:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

もしあなたが【時間】のことで悩んでいるなら、この本を私はおすすめします。

あなたが忙しい理由が、ここに載っているからです。

created by Rinker
¥715
(2020/11/27 01:51:18時点 Amazon調べ-詳細)